食事を介護する際のポイントは三つあります。 一つは介護される側が入れ歯を使用している場合において、入れ歯の具合が合っているか調べる事です。 歯科の受診を行う事によって入れ歯の状態を確かめる事が出来ます。 受診時には口腔ケアや嚥下等に関するアドバイスやサポートを受ける事も出来ます。 一つは本人の好物を食べさせる事です。 均一化された食事メニューに飽きている為、一時的に食欲が落ちている場合に有効的です。 食事制限が無い場合に適しています。 レトルトのメニューを利用する事も検討します。 又、食事メニューの見た目は食欲へ影響を与えます。 食器や盛りつけ又は彩り等に工夫を凝らす事が望ましいです。 一つは家族と一緒に食事をする事です。 同じテーブル又はベッドの近くで一緒に食事をとる事によって家族と共に食事を行う楽しさを感じる事へと繋がります。 食事に関する介護が必要になった場合でも食事の楽しさを出来る限り実感出来る雰囲気にする事が大切になります。